愛知・岐阜で従業員、経営者向けのワンストップEAPサービスなら一般社団法人外部EAP支援協会

一般社団法人外部EAP支援協会お問い合わせ

一般社団法人外部EAP支援協会お問い合わせ

一般社団法人外部EAP支援協会はそれぞれの価値を見出した幸せな従業員づくりと持続可能な発展のための会社づくりで豊かな日本を創出します

私たちはワンストップで行うEAPのご提案をいたします。専門家集団がワンストップで対応することでトータルコーディネートが可能になり、効果的かつ効率的な一貫したプログラムのご提供が可能となります。従業員の多岐にわたる悩みの相談から、問題行動の情報漏えいの防止にも努めます。

外部EAP支援協会とは

外部EAP支援協会とはEAP(従業員支援プログラム)が外資系企業の日本法人に導入されて20年が経ちました。心の健康対策に取り組んでいる事業所は23.5%。1,000人以上の規模では約9割、300人以上のすべての規模で6割を超えています。当協会では、外部EAPの普及と、従業員と経営者の両者にさらなる有効なEAPの導入を提案し、企業のES(従業員満足)、様々な研修機能、メンタルヘルスでの予防効果、法務相談、生産生向上という投資効果、何よりもリスクマネジメントとしての効果をもたらし、従業員がそれぞれの価値を見い出し、持続可能な発展のための会社づくりの支援を行っております。

EAP(従業員支援プログラム)とは

EAPとはEAP(従業員支援プログラム)は、会社とは隔絶した形で行うカウンセリングや様々な悩みの予防・解決によるメンタル面、コーチングや研修等のキャリア開発面の双方に結びつく援助活動を行い、生産性の維持向上を目的としています。

私たちが考えるEAPとその目的

ワンストップEAPの必要性

ワンストップEAPの必要性EAP(従業員支援プログラム)は、従業員の生産性を低下させる要因に対し、事前の予防・問題発生時の対応・対応後の改善を行います。しかし、人々の暮らしが多様化するのに合わせて生産性の低下要因も複雑化し、社内だけでは対応しきれなくなってきています。
職場環境をはじめ、家庭環境・健康問題・人生の目標といった様々な問題に対し、各種専門家が対応し、従業員だけでなく、ご家族や経営者も含めた根本的な問題解決の支援、そして匿名もしくは実名で挙げられた相談内容を事業へフィードバックすることで生産性の維持・向上が可能となるからです。

私たちのワンストップサービスのEAP(従業員支援プログラム)

ページトップ